外来診療担当表

概要・特色

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です

運動器とは身体運動に関わる四肢の骨・筋肉・関節・神経や脊椎・脊髄の総称です。運動器の障害は身体に痛みをきたし、自立した日常生活を送ることが困難になります。

具体的にはスポーツ・交通事故・労働災害に代表される骨折・打撲・捻挫・腱断裂などの外傷、いわゆる肩こりや腰痛、手・足のしびれを伴う疾患、加齢による変形が原因の変形性関節症や変形性脊椎症、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風などの疾患があり、単に痛みをとるだけでなく、機能的改善を目標に治療を行います。

このページの先頭へ

当院での治療内容と実績

 当院では系統的に診断・治療を行い、計画的なリハビリテーションを実施しております。薬物療法・運動療法・ブロック注射・ギプスやコルセットなどの装具療法を中心とした保存的治療と手術的治療についてわかりやすく説明し、患者様にとって最善の治療が選択できるように配慮しております。

 関節リウマチについては専門外来を設け、リウマチ専門医による治療を受けていただけます。また骨粗鬆症では個々の患者様に合った治療法を選択し積極的に薬物治療を行います。スポーツ外傷については、治療のみならず復帰に向けたリハビリテーション・医学的アドバイスを行うようにしています。

 手術症例は年間約240例で骨折を中心とした一般外傷が多数を占めています。中でも高齢化に伴い、橈骨遠位端(手関節)や大腿骨近位部(股関節)の骨折の手術が年々増加しています。また、90歳以上の超高齢の患者様においても、麻酔科と協力の上、積極的に手術を施行し、術後できるだけ早期からリハビリテーションを行い、寝たきりの状態にならないように心がけています。

 その他には、関節鏡を用いた膝関節半月板の切除・縫合術、変形性膝関節症に対する人工関節置換術、関節リウマチに対する関節外科手術、脊髄外科専門医(非常勤)による顕微鏡を使用した脊椎手術などを行っています。

 いずれの手術もできるだけ患者様にご負担の少ない手術法を選択し、早期の機能回復をめざしています。

このページの先頭へ

医師紹介

久保田 潤

  • 専門分野
    整形外科一般
  • 認定資格
    日本整形外科学会認定 専門医
  • 所属学会
    日本整形外科学会、中部整形外科災害外科学会、日本骨折治療学会

内山雅之

  • 専門分野
    整形外科
  • 認定資格
    日本整形外科学会認定 専門医
  • 所属学会
    日本整形外科学会
趣味
好きな食べ物
メッセージ

政田憲之

  • 専門分野
    外傷、整形外科一般
  • 認定資格
    日本整形外科学会認定 専門医
  • 所属学会
    日本整形外科学会
    日本骨折治療学会
    日本脊椎脊髄病学会
趣味
旅行

メッセージ
地域のニーズに応じた幅広い医療の提供を目指して、
診療をしていきたいと思います。

このページの先頭へ