外来診療担当表

概要・特色

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です

運動器とは身体運動に関わる四肢の骨・筋肉・関節・神経や脊椎・脊髄の総称です。運動器の障害は身体に痛みをきたし、自立した日常生活を送ることが困難になります。

具体的にはスポーツ・交通事故・労働災害に代表される骨折・打撲・捻挫・腱断裂などの外傷、いわゆる肩こりや腰痛、手・足のしびれを伴う疾患、加齢による変形が原因の変形性関節症や変形性脊椎症、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風などの疾患があり、単に痛みをとるだけでなく、機能的改善を目標に治療を行います。

このページの先頭へ

当院での治療内容と実績

 整形外科は主に、四肢の痛み、機能障害を診療します。対象となるのは骨折、脱臼等の外相は勿論、関節の変形、腫脹、疼痛、手足の痺れなど多岐に渡ります。
4名の整形外科専門医により詳細な問診、診察、検査にて正確な診断を行い、薬物療法、運動療法、注射療法、装具療法等の保存的加療、又は手術的加療の必要性等を的確に判断し、最も適正な診療を心がけております。

 手術は、年間約240例で骨折等の外傷が多くを占めています。中でも高齢者社会に伴い転倒及び骨粗鬆症に伴う股関節周辺の骨折や、肩、手関節周辺の骨折が年々増加しています。

 当院では麻酔科医・内科医の協力により、持病の多い高齢者の方でも積極的に手術を行います。術後はリハビリテーション科と連携し、可能な限り早期にリハビリを行い、受傷前の状態に近づける様に努力しております。

 無論、高齢者だけでなく、交通事故や労働災害で怪我をされる若年者の患者様も多くいらっしゃいます。手術かギプス等の保存療法か、患者様と相談しながら可能な限り早期に社会復帰ができるように、最適な治療法を提案させて頂きます。

 怪我はいつ何時、誰にでも思いがけなく発生します。近隣の幼稚園や小学校で怪我をされ当院を受診されるお子様も多くいらっしゃいます。特にお子様の怪我に関しては、骨折や脱臼等が疑われる場合は、例え時間外診療であっても可能な限り受け入れさせて頂き、麻酔科、手術室と連携し必要であれば緊急で手術を行う体制も準備しております。

交野市内または近隣在住の方々にも何かあれば安心して受診して頂ける病院でありたいと考えております。

このページの先頭へ

医師紹介

顧問 鈴木 毅一

  • 専門分野
    関節疾患 関節外科 リウマチ性疾患
    スポーツ整形外科 骨粗鬆症 リハビリテーション
  • 認定資格
    日本整形外科学会専門医
    日本体育協会公認スポーツドクター
    日本リハビリテーション医学会臨床認定医
    日本骨粗鬆症学会認定医
    日本整形外科学会リウマチ医
    日本整形外科学会脊椎脊髄病医
    日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
  • 所属学会
    日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会、日本骨粗鬆症学会
趣味
写真撮影 写真鑑賞 音楽鑑賞など
メッセージ
丁寧で安全な標準となる診療を常に心がけています。

久保田 潤

  • 専門分野
    整形外科一般
  • 認定資格
    日本整形外科学会認定 専門医
  • 所属学会
    日本整形外科学会、中部整形外科災害外科学会、日本骨折治療学会

政田憲之

  • 専門分野
    外傷、整形外科一般
  • 認定資格
    日本整形外科学会認定 専門医
  • 所属学会
    日本整形外科学会
    日本骨折治療学会
    日本脊椎脊髄病学会
趣味
旅行
メッセージ
地域のニーズに応じた幅広い医療の提供を目指して、
診療をしていきたいと思います。

野田和王

  • 専門分野
    整形外科一般
  • 認定資格
    日本整形外科学会認定専門医
  • 所属学会
    日本整形外科学会
    日本肩関節学会
    日本骨粗鬆症学会
    日本人工関節学会
    日本関節病学会
趣味
音楽鑑賞、音楽メディア蒐集、ギター
メッセージ
地域のニーズに則した診療を行い、患者さまに喜んでいただけるよう、
日々精進していく所存です。

このページの先頭へ