平成27年度 交野病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 26 36 46 123 148 411 822 558 163
当院の退院患者さんを年齢階級別に集計しております。
高齢化社会に伴い、60歳以上の患者様の割合が非常に多くなってきております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎(15歳以上)(手術無し・処置等無し・定義副傷病無し) 50 11.28 14.34 0 71.56
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎(手術無し・処置等無し・定義副傷病無し) 48 23.25 21.69 0 86.77
050130xx99000x 心不全(手術無し・処置等無し・定義副傷病無し) 34 21.47 18.30 11.76 82.76
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫・胆嚢炎等(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 19 8.21 7.84 0 64.15
060330xx02xxxx 胆嚢疾患・胆嚢結石等(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 16 4.93 6.96 12.50 61.18
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 15 7.66 11.63 6.67 58.26
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070341xx97xxxx 脊柱管狭窄(脊椎症含む)頚部(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 197 14.72 22.83 0.50 67.19
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症含む)腰部(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 57 13.57 18.44 0 70.12
070350xx97xxxx 椎間板変性・ヘルニア(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 38 12.28 17.55 0 50.89
当院は脊髄脊椎センターを掲げており、脊髄脊椎関連の症例が多くなっております。
整形外科症例に関しては大腿骨関連の手術が多く施行されております。
脳外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳卒中(JCS10未満)(手術無し・処置等無し・定義副傷病無し) 12 13.16 15.80 8.33 76.66
010060x099030x 脳卒中(JCS10以下)(手術無し・処置等有り・定義副傷病無し) 11 14.45 18.08 0 73.45
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術無し・処置等無し・定義副傷病無し) 11 7.63 7.52 9.09 58
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 14 6.92 7.59 0 73
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症(手術無し・処置等無し・定義副傷病無し) 11 6.09 12.60 0 65.27
110060xx97x00x 腎盂・尿管の悪性腫瘍(手術有り・処置等無し・定義副傷病無し) 10.30
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 11 18 1
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌の進行度を表すstage分類にて集計しております。(癌の大きさ・周辺リンパ節への転移・遠隔臓器への転移などで決定される)
stageⅠが早期~stageⅣが最も進行している状態となります。
当院では大腸癌の症例を多く取り扱っております。

(件数が10件未満に関しては「ー」になっております)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1 22 17.09 71.81
重症度 2 36 36.19 85.19
重症度 3 14 23.42 87.64
重症度 4
重症度 5
不明
成人の市中肺炎患者さんを重症度別に集計しております。
重症度は年齢・脱水・呼吸状態・意識レベル・血圧・血液検査の値などによって決定されます。
(院内肺炎・誤嚥性肺炎は除外しております。)

※市中肺炎→普段の社会生活を送っている中で発症した肺炎
※院内肺炎→なんらかの病気により入院中に発症した
※誤嚥性肺炎→水・食べ物・胃食道逆流物などが誤嚥により肺に入った際に細菌などが入り引き起こされる肺炎

(件数が10件未満に関しては「ー」になっております)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 45 49.76 78.13 4.44
その他 20 55 79.37 15.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
上記の脳梗塞患者さんの入院までの発症日を3日以内とその他に分けて集計しております。
ICD10とはWHOにより、病名ごとに付与されたアルファベットと数字により定められた分類であり、医学的な統計管理等に活用されております。
当院では3日以内発症の脳梗塞(I63)患者さんが多くなっております。

(件数が10件未満に関しては「ー」になっております)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡消化管止血術
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
K664 胃瘻造設術
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼡径ヘルニア手術 54 1.14 4.62 0 68.61
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 2.45 4.9 0 66.00
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 17 1.11 2.7 0 68.23
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 214 1.92 16.24 0.93 67.8
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 88 2.31 18.38 1.14 70.98
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 29 2.00 21.65 10.34 70.89
当院は脊髄脊椎センターを掲げており、脊髄脊椎関連の症例が多くなっております。
整形外科症例に関しては大腿骨関連の手術が多く施行されております。
脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 1.46 18.73 6.67 81.66
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所)
K664 胃瘻造設術
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 14 1.71 4.21 0.00 73.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 0.07 1.84 0.00 70.66
K7981 膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
播種性血管内凝固症候群・敗血症・真菌感染症・手術処置の合併症などの重篤な疾患に関して集計しております。
入院契機
(同一  → 上記の病名で入院されて、上記の病名に対して医療資源を投じた)
(異なる → 上記以外の疾患にて入院されている途中に、上記病名を発症され医療資源を投じた)

(件数が10件未満に関しては「ー」になっております)
更新履歴